COOLPULSETM

Enhanced Finishing Solution for metal 3D printed components

Bruno

Additive Manufacturing

There is extreme interest revolving around Additive Manufacturing. Fully functioning cars were produced using Additive Manufacturing techniques during the 2016 IMTS Show in Chicago – demonstrating the process benefits of the AM Technology.

Additive manufacturing (known also under DLMS; SLM; AM, ALM, 3D Printing) is a process of building parts and components layer by layer, connecting powder particles via an energy source.

エクスツルードホーンEXTRUDE HONEのすべての新しいサーマルデバリングソリューション

Bruno

エクスツルードホーンEXTRUDE HONEはすべての新しいサーマルデバリングソリューションを提供します-T350およびT450のサーマルデバリング機は、内外部のバリを同時に除去でき、短時間で加工できる信頼性のあるソリューションです。 

チャレンジ

  • 信頼できる油圧マニホールドを製作すること。
  • 脱落や付着しているバリ、またはコンタミを100%完全除去することによる品質改善。

AFM: 工業用3Dプリントのための高品質の仕上げ加工

Bruno

“3Dプリンターが遍在する中で、製造者達は質問に対して、「我々はどのようにして工業用の3Dプリンティングを取り入れるか?」ではなく、「我々はどのようにし
て競合他社より優れ
た工業用の3Dプリンティングを取り入れるか?」と答えるようにしている。あなたのアプリケーションが積層造形(ALM)やレーザー焼結に関係しているのでしたら、鍵となるのはあなたの製品に上記の仕上げ加工を取り入れることです。”

SUBCON 40周年記念

Bruno

“EXTRUDE HONEは6月7日から9日まで英国バーミンガムNECで開催されるSUBCON40周年イベントに参加致します。
SUBCONは、英国有数の製造業のサプライチェーン・ショーで、外部委託エンジニアリングサービスや下請け企業に捧げられています。”

ソフトウェアのための材料および複合材料のために専用のゾーン – 新しい今年 – 自動車、航空宇宙、エレクトロニクス、エネルギー、鉄道、石油・ガス、防衛・安全保障、プラス:SUBCONの英国と国際出展者は、すべての製造サプライチェーンのセクターをカバーしています。

また、今年は新たに導入した会議のバイヤープログラムを利用して、あなたが会議が始まる前に最も興味を持っている出展者との予定を予約することができます。

これによりあなたは時間を最も効率的かつ効果的に使用した個別のSUBCONの経験を得ることができます。

クランクシャフト製造の改善

Bruno

電解加工でクランクシャフト製造の改善

自動車エンジンでクランクシャフトベアリングの十分かつ永続的な潤滑を確保することは、エンジンの故障を回避するために重要です。 クランクシャフトは、製造の傾向および消費者の期待により小さくなるにつれ、油交差孔の数は増加しています。 掘削過程で取り残されたすべてのバリや破片は除去しなければなりません。

新製品マイクロフローHIGHFLOW

Bruno

エクスツルードホーンはヘビーデューティーマーケット(海洋、トラック、オフハイウェイ、およびディーゼル発電機)の高精度なフローターゲットのシステム要件を満たすため、すべてに新しいMICROFLOW HIGHFLOWソリューションを導入しました。

課題:

社会に重大なリスクをもたらす気象変動に伴い、燃料消費量と排出量を削減することは、気候変動の悪影響を遅くする上で重要なステップの1つです。 中・大型車は道路上の車両数の中ではかなり小さい部分を表していますが、それでも排出量の5分の1を占めています。 図1は、以下の課題につながる大型車市場面で厳しい排出基準のOEM企業を表しています。

「インドで生産」運動で新しい未来を約束します。

Bruno

政治家、起業家、投資家、業界リーダーの複合パワー、先見性、そして専門知識で描写された「インドで生産」の動きは、世界最大の民主主義を製造及びデザインのハブへ変え、新たな成長と国際的な投資を過熱させ、インドの能力への信頼を鼓舞しています。

21世紀の初めに、インドは新興市場として大きな期待を示していましたが、2013年までにその成長率は過去10年間で最低に落ち込んでいました。問題の部分を認識することは、政府のボトルネックでした。Nerendra Modi首相は、企業が繁栄するより多くのスペースを確保するために、政府の政策や手続きの見直しに着手しました。 究極の目標は、「最小政府、最大ガバナンス」 という考え方でした。

1 2