患者の容体に合わせて、医療機器には、設計、製造、品質、および信頼性に対する要件がますます高まっています。埋め込み型デバイスは複雑な幾何学的形状をしており、外科用器具には非常に厳しい要件があり、診断機器にも非常に高い基準があります。表面処理の結果は、従来の技術が達成できる範囲を超える必要があります。

ExtrudeHone®プロセスによって提供される実証済みの成形、バリ取り、および研磨の結果は、医療機器業界の表面仕上げのニーズを満たすのに特に適しています。

これらの特殊なプロセスを利用した医療アプリケーションの成功には、次のものが含まれます。

  • 埋め込み型デバイス
    • o心血管補助装置(VAD)
    • o脊髄
    • o整形外科
    • o製造された添加剤層(ALM)インプラント仕上げ
  • •埋め込み不可能なデバイス
    • o義肢
    • o診断、治療、鎮静装置
  • •手術器具
    • •医薬品
    • oクロマトグラフィー
    • o医薬品のデリバリー製造

我々の技術は以下でお役に立ちます。

  • •他の技術が不可能な、手の届きにくい内部領域のバリ取りと研磨
  • •摩耗を減らし、耐食性を向上させます
  • •滑らかで低摩擦の表面で流れを改善します
  • •コンポーネントの故障につながる可能性のある応力集中部を取り外します
  • •緩んだ金属粒子の危険性を排除します
  • •器具の無菌性を高める
    • o表面の欠陥を取り除く
    • o面粗さの改善
    • o鋭いエッジの除去
  • •バリ取りと表面仕上げを自動化して手動プロセスを削除し、スループットを向上させます
  • •必要に応じて鏡面仕上げ面を実現します
  • •複雑な形状の精密加工を実現
  • •積層造形品(ALM)コンポーネントの表面仕上げを改善します
  • •1つのステップでデバイスを成形および仕上げます

医療業界に最適化したExtrude Hone アプリケーションの詳しい情報は、こちら
でご確認ください。