microflow-icon-bigMicroFlowは、精密な部品加工に不可欠な技術です。Extrude HoneのAFM MICROFLOW砥粒流動加工は、厳しい公差要求でも精度の高い加工結果をもたらす加工プロセスです。


Extrude HoneのAFM MICROFLOW加工は、複雑なアプリケーションに対して、精密で均一な加工を提供します。


MICROFLOW TEST は高精度の流量測定技術を用いて、加工工程全体の管理性を高めます。大型自動加工設備で、燃料システムを加工した長年の経験を踏まえて、このMICROFLOW TEST技術が開発されました。

MICROFLOW用メディアは粘度、砥粒サイズ、砥粒タイプと密度で区別できる配合研磨材で、液体に砥粒が混合されています。

MICROFLOW 加工の特徴:

  • 遠隔操作の点検と、標準化された部品
  • 自動化された製造ラインへの導入が容易
  • 自動加工生産も手動操作生産も可能
  • 研磨砥粒は、製品に搭載される部品内流路と同じ方向に流動
  • 微細小径の流路内の流量を常時監視
  • 製造を安定させる特殊性と再現性に富んだ加工を実現
  • 多様性 ― 研究所でも製造現場でも利用可能

次の主な加工状況の監視をします:

  • 加工中の圧力降下
  • 加工中の部品を通過する流量
  • 部品内の流路形状
  • 加工中に部品内を流れる流体特性
  • 被加工材の特性
  • メディアの特性

MICROFLOW TESTの特徴:

  • 他の全自動測定システムと比べて小型化した独立装置
  • 生産要件に合わせて拡大縮小可能
  • 信頼性が高く、高精度で、容易に操作できる基本構造
  • 燃料系部品などの高精度流量測定に要求される±0.25%の繰返し精度および±0.1%の精密度を維持

MICROFLOW用メディアの特徴:

  • 粒度の高い砥粒が低い含有率で混合されいる液体状メディア
  • 流動学に基づいて開発された特殊な配合添加剤により、均一に分布された砥粒は、複雑な形状を均等に通過し、同時に複数の表面を処理。
  • 砥粒の素材は、炭化ケイ素、酸化アルミニウムを使用。

MICROFLOW加工、MICROFLOW TEST と MICROFLOW用メディアは、高精度の加工結果を実現する入口孔や小径のオリフィスなど幅広い種類の形状や部品の表面加工に最適な加工方法です:

R付け加工:直径 50µm ~ 2mm のオリフィス形状の流路入口エッジ部にR付け加工

流量調整:オリフィス加工は、最大流量5,000cc/minまで可能

MICROFLOW加工プロセス、MICROFLOW TEST、MICROFLOW用メディアを組み合わせて使用すると、オリフィス内の流動特性を微調整できます。

このプロセスの利点:

加工効率:オリフィスの出口形状に支障なく、最大60%の流量の増量を達成

流量の均一性:部品毎の均等化した目標流量加工が可能。

製品性能を増大:高精密オリフィスの出口形状を変更せずに流量係数を引き上げます。

排ガスの低減と燃費の改善:ガソリンとディーゼルの噴射装置で燃料の噴霧化が向上し、燃焼の比率と効率ともに向上します。

長期に渡る部品性能:流路入口の形状が変化しないので、長期に渡って部品の性能を保ことができます。