1工程で部品の成形と仕上げをこなせるソリューションをお探しの場合、高い精度と生産効率ををお届けする弊社の電解加工(ECM)、電解精密加工(PECM)、および砥粒流動加工 (AFM)をぜひご検討ください。

ECMとPECMの両プロセスでは、高硬度の切削工具の代わりに金属製陰極(-)を使用して、金属材料の除去したい部分を電解加工します。これらの非接触の加工技術は特に高精度の大量生産品に適しています。 弊社のAFMでは、高圧で研磨メディアを押出し、交差孔部、スリットやエッジ部などの限定した領域で再現性の高いR付け加工に用いられています。

弊社の精密表面処理ソリューション事業は複数の表面仕上げ加工法を専門としています。例:

輪郭加工、成形加工:指定された加工被加工材の表面に正確な陰極形状をマッピング加工

ドリル加工:内部および外部に交差孔を加工

R付け加工:シャープなエッジに、R付けを生成


EXTRUDE HONE 成形プロセス

従来の加工法では困難な部品を、弊社のECMとPECM加工では高い精度で加工できます。両加工法はニッケル高合金やチタン系金属などあらゆる金属材に適用できます。電極がワークに接触しないので、治具はほとんど磨耗しません。その上、弊社の成形加工で実現される機械的応力と熱応力が低減され、完成品の寿命が延びます。

高い精度、コスト効率と信頼性の特筆すべき3点で、お客様の最も高い成形要求に弊社の成形技術でお応えしますので、ぜひご検討ください。