Formnext 2019

世界中の99か国から850以上の出展者と34500人以上の訪問者が参加したFormnext 2019は、これまでで最大のAMトレードショーでした。」

2つのホール、それぞれ2つのフロアにて、何千人もの専門家が4日間にわたって革新とブレークスルーに満ちた盛り上がりを見せました。

ほんの数か月前、金属AMの連続生産の例は業界ではめったに見つかりませんでしたが、現在ではますます多くのケースが展開されています。 航空宇宙産業は業界をリードしています。業界全体でのDMLSおよびEBMテクノロジーの早期採用により、AM生産が一歩前進しています。 しかし、自動車業界もペースを上げており、DMLSプロセスで製造された4つのAMシリアルパーツを組み込んだBMW MINI JCWモデルが最新の例として公表されました。 注目すべきは、銅などの新しい材料の開発であり、これは現在、自動車の熱交換器やその他のアプリケーションの革新を推進しています。
DMLSはその地位を強化しますが、HP Metal Jetなどの新しいテクノロジーの台頭により、テクノロジーの採用がさらに加速しています。 GKNおよびフォルクスワーゲンとの1年にわたるコラボレーションのおかげで、3Dプリンティングの巨人は実装ロードマップで講演を進めています:2019年は化粧品モデルの年であり、2020年に最初の機能部品が展開され、2021年以降は完全なプラットフォーム生産が行われることを期待されています。 これは大きな変化です。 数週間前の最初の公開プレゼンテーションで、GKNはドイツの自動車メーカー向けに、わずか1週間で40.000個の部品を生産しました。

 

HP-VWビデオの情報元

 

ショーに出展していた姉妹会社であるDeloroの存在を活用して、Deloro自身との会議を含む2日間の有望な会議を開催することができました。 サポート材の除去、表面強化、HIP、コーティングを含む後処理は、AMの最終品質とコストに大きく貢献するため、どちらも工業化の鍵となる業界のホットトピックです。
このシナリオでは、仕上げ用の産業用ソリューションが成功の基礎になりつつあります。 ここで、Extrude Honeソリューション(AFM、COOLPULSE、およびTEM)が、独自の品質で、前例のない優位性をお客様に提供が可能です。 プロセスの詳細については、お問い合わせください。

Bruno

About Bruno