Extrude Honeは、3D Aeroパーツの仕上げに最適なサプライヤーです‐Dassault AEROPRINTプログラム

Extrude Honeは、3D Aeroパーツの仕上げに最適なサプライヤーです‐Dassault AEROPRINTプログラム

アディティブマニュファクチャリングの使用と複雑な有機設計を組み込む機会を採用することにより、特に仕上げに関しては、新たな課題があります。

Extrude Honeは、高価値の航空宇宙部品の仕上げのリーダーです。 AFM(砥粒流動加工)やECM(電解加工)のようなよく知られた適格なプロセスに加えて、Extrude Honeは専用ビジネスユニット(Extrude Hone Additive)を備えたアディティブに注力しています。 アディティブユニットには、COOLPULSEのような専用の仕上げプロセスと、サポート構造の除去に利用されているTEMテクノロジーがあります。 Extrude Honeは、航空宇宙の燃料チップノズルとベーンセグメント、およびDassault Aviation製を含むアルミニウム製マニホールドの仕上げに自身を、もって貢献しています。

私たちは長年にわたってDassaultと協力してきましたが、初期段階でAEROPRINTプログラムに参加するよう招待されたことを大変嬉しく思います。

プログラムについてのいくつかの発言。 現在手持ちで25百万EUROの予算があり、French Auvergne-Rhône-Alpesが承認し、後援しています。一部FEDERの資金を含みますが、主にDassault Aviationが資金を提供し主導しています。

その目的は、真の産業ワークフローを確立し、その後、チタンとアルミニウムで製造された3Dプリントコンポーネントを設計、構築、仕上げするパイロット生産ラインを確立することです。 これらのコンポーネントは、最終的に飛行します。

製造チェーンのすべての主要パートナーを含むこの共同プロジェクトは、最終的に認定プロセスと認定コンポーネントを提供することを目的としています。

Dassault Aviation、このプロジェクトにお招き頂き誠にありがとうございます。

Bruno

About Bruno