フェイスマスク

Extrude Honeの技術がフェイスマスクメーカーの需要に応える

保護フェイスマスクは、世界中で高い需要があり続けています。 この需要を満たすメーカーの能力は、メルトブローンファブリックの可用性に依存します。 Extrude Honeの技術は、メルトダウン製造プロセスの生産性と効率の大幅な向上に貢献し、この重要な材料を製造するために使用され、フェイスマスクの入手性が向上します。

何億ものフェイスマスクが記録的な時間で生産されるため、フェイスマスクのサプライチェーンは非常にストレスを受けています。 フェイスマスクのサプライチェーンにおける最初のボトルネックは、十分なメルトブロー生地原料の入手性でした。

メルトブロー生地は、合成高分子繊維の非常に細かいメッシュで、フェイスマスクで期待される高レベルのろ過を可能にします。

「非常に細かいという場合、1ミクロン未満の繊維径を意味する場合があります。そのような材料を製造する上での困難さ、特に製造量を増やすという課題を想像できます。フェイスマスクの製造に使用される布の平らなシートを作成するために、ポリマー材料を溶かして吹き付ける製造プロセスに関与する高価な機械がすべてではありません。」

 

 

「これらの複雑な機械で本当に重要なのは、フィラメントを作成するために使用される金型、つまり紡糸口金です。

Spinneret mold details.

紡糸口金

紡糸口金は、高精度のCNCとEDMによって通常0.2mmの直径に加工された一連の小さな穴またはノズルを通して高速の空気とポリマーを駆動するように設計および加工された大きな鋼片です。」

 

まだ、十分ではない。

 

ノズルの特性、特にエッジの品質は、穴と穴のサイズの一貫性を確保し、フィラメントが破損しないようにするための鍵です。 生産量を増やして安全を確保するには、完璧な直径、素敵な表面、高品質の上端の丸みが必要です。

 

「その要件を達成するための最良の解決策は、Extrude HoneのAFM(砥粒流動加工)を1つのバリ取り丸み付け研磨プロセスのオールインワンとして使用することです。その結果、これらの機械はますます高品質の布地を製造することになります。」

上の写真:オープンモードのAFM EASYFLOWマシンで処理されている紡糸口金の詳細。

Extrude Honeには、金型仕上げに長年の経験があります。 しかし、これは、まったく同じアプリケーションについて、非常に短い期間で需要が急増するのを目にしたのはこれが初めてでした。

2020年5月、Extrude Hone Chinaは驚異的なスピードで、数日以内に数台のAFM EASYFLOWマシンをマスク生地製造機械の製造会社に提供しました。

 

EASYFLOWマシンはAFMの技術を可能にします-砥粒流動加工

Bruno

About Bruno