EXTRUDE HONE 航空宇宙

航空宇宙業界の設計者が常に追求しているタービンエンジンの性能向上の他に、信頼性、燃費効率や部品寿命はタービンエンジン開発の重要な要素です。Extrude Honeプロセスは、高品質・高効率の加工方法を達成するための道を切り開きます。

製品と生産を改善する他、弊社の革新的なソリューションは、燃費効率改善により排出ガスが低減でき、製品のより高い水準の持続可能性の達成にも貢献します。

Extrude Honeプロセスをぜひご検討ください。

  • タービンノズル、インペラー、ブリスクのエアフローを改善
  • 一工程で翼面、空気流路、ルートフィレットの表面粗度の改善
  • 断面形状に関係なくディスクエッジの集中応力を排除し亀裂を回避
  • 製造の継続的な安定を約束する生産の完全自動化、総合管理
  • 部品の仕様要求を常に満足させる高品質を維持
  • 部品内の交差部やエッジなどの複雑な箇所でも生産性時間短縮が可能
  • 噴射ノズルの流量調整により、エンジン性能を最適化しながら燃料消費と排ガス排出物の低減

航空宇宙業界に最適化した Extrude Honeプロセスの詳しい情報は、こちらでご確認ください。

Extrude Hone砥粒流動加工(AFM) は、航空宇宙部品の仕上げにジャストフィットするプロセスとして加工進捗を的確に捉え、流路と同じ方向で研磨することにより、 部品の整合性を高めながらをタービンエンジンの出力向上に貢献します。部品設計の自由度、ブレードの厚さや合金の特性に悩まされることなく、製品アプリケーションに最適な治具やメディア(研磨材)の設定を弊社にお任せください。弊社のAFM加工は、インペラー、ディフューザ、ブリスクやガイドベーン部位に最適な加工法です。

Extrude HoneのAFM加工では、スロット、フックやホール末端の複雑な形状や開口部に、R付けエッジ加工を施します。残留応力による亀裂発生、特にショットピーニング加工中の亀裂発生のリスクを減らします。エッジ加工に Extrude HoneのAFM加工を組み込むことで、完全自動化できる高効率の加工方法となります。

フックのクリスマスツリー形状または、球状などあらゆるスロット形状の仕様要求に Extrude HoのAFM加工は、単一のRでも複雑なRが組み合わさった形状でも加工することができます。弊社のAFM は、切削の際に生じた残留応力の除去や、クリスマスツリー形状、球状のスロット面に加工した際に発生した亀裂や異物の除去にも有効です。