流体動力

機械の動力や製品輸送に圧縮液や圧縮ガスをエネルギーに変換することは、油圧・空圧などの流体システムを扱うあらゆる業界で活用されています。加工部品内の流動特性を改善することは、機械効率を向上させる秘訣とも言われ、操業費の低減に繋がります。Extrude Honeプロセスは、高効率の製造法を利用して、高品質のコンポーネントを達成するための道を切り開きます。

弊社加工法では、シリンダーやマニホールドの精密な表面仕上げ加工を実現し、インペラー内の流動を改善し、部品内部にまたがる流路出入孔を成形します。

出力の効率向上に貢献し、油圧・空圧システムの部品の整合性を高めます。さらに、弊社加工プロセスは、品質に妥協せず生産性を向上させます。お客様に製品仕様に最適なソリューションをご提供することが弊社の使命であると考えています。

Extrude Honeプロセスをぜひご検討ください。

  • インペラー内の油圧流動を改善
  • 断面形状に関係なくコンポーネントの表面応力除去を制御することによって亀裂発生を回避
  • 製造の継続的な安定を約束する生産の完全自動化、総合管理
  • 部品の仕様要求を常に満足させる高品質を維持
  • 部品内の交差部や縁など複雑な部分でも部品製造のスピードを改善
  • 機械部品の摩擦、振動、磨耗を低減
  • 流動特性の改善により、設備性能を最適化
  • マニホールドの清浄度を高め、初期不良や初期破壊を回避

流体関連業界に最適化したExtrude Honeプロセスの詳しい情報は、こちらでご確認ください。