押出成形金型

航空宇宙、造船、自動車そして建築機材関連などあらゆる業界の企業は、生産性向上、最終製品の品質保証を念頭に、押出金型の信頼性を向上させる重要性を強く認識しています。

弊社は、手作業より短い所要時間で加工工程を完了し、仕上げた完成品の精度を向上し高品質を維持する、実績のある加工法をご提案します。

Extrude Honeプロセスをぜひご検討ください。

  • 手作業の仕上げで工具が届かない複雑形状の超硬合金金型の加工
  • 金型の自動仕上げ加工ソリューションでは、アルミ押出金型の1金型当たり 40~50トンの生産性向上が可能
  • 表面不良の低減と、品質向上で金型の生産量目標を達成
  • 金型の研磨時間を最大 80%  短縮することで、金型の準備に対する生産性を向上(例:10 分から 2~3分へ短縮)
  • 再研磨調整による金型の寿命延長

 

一般工業製品に最適化したExtrude Honeプロセスの詳しい情報は、こちらでご確認ください。

die extrusion
die extrusion

AFM

押出成形金型