エネルギー関連

発電量が来たる 20 年以内に倍増すると言われている中で、そのニーズに応える最大効率の発電所を実現することが大きな課題とされています。より少ない電力消費でこれまでと同じあるいはより多くの結果をもたらす、より効率的なユニットの重要性が業界全体でますます認識されつつあります。弊社は主要なコンポーネントの表面状態に着目することで、エネルギー業界がよりよい生産効率と信頼性を達成できるお力添えをいたします。 サーマルデバリング加工(TEM)を活用したマニホールドのバリ取りから、ポンプやコンプレッサー部品の砥粒流動加工(AFM)まで、弊社の特殊加工ではキーとなるアプリケーションを取り扱います。

例えば、砥粒流動加工(AFM)は、他の方法ではツールが届かない場所の表面処理など制約の多い部品に最適な加工法として高い評価を得ています。インペラーやディフューザの部品内部流路では、材料除去量を推測できるAFM加工の強みが活かされる他、ポンプの効率とコスト効果を改善する表面仕上げにも大きく活躍しています。

Extrude Honeプロセスをぜひご検討ください。

  • クローズドインペラーの最大流量が向上
  • クローズインペラー内面全体の細部にわたり均一な材料除去による品質改善
  • 油圧部品の清浄度を保障することで保全周期の延長が可能
  • 仕上げ工程の生産性を改善
  • 手作業の研磨より早くて均一性の高い研磨を達成
  • 作業効率の改善で大きなコスト削減

エネルギー業界に最適化したExtrude Honeプロセスの詳しい情報は、こちらでご確認ください。

エネルギー関連-Extrude-Hone