クロマトグラフィー管の内面仕上げの完全なソリューション

高速液体クロマトグラフィー(HPLC)は、製造精度及び表面仕上げが重要である1つの医療分野です。 クロマトグラフィー管の内面は滑らかである必要があります。さもなければ、誤った測定値や不正確な分離が発生する可能性があります。チューブメーカーは、自分達でできる内面研磨が限定されており、非常に大規模な受注が危機に瀕している場合にのみ、それを改善することに興味があるでしょう。
MEDICAL_HiRes-4C_QP

伝統的に、科学者や研究者が望む内面磨きを得るために、チューブは、追加、時には時間のかかるステップを通過する必要があります。

高品質のクロマトグラフィーチューブ用エクスツルードホーンの表面加工ソリューションは、伝統的な加工方法の制限を補う、あるいは迂回させます。 これは砥粒流動加工(AFM)と呼ばれています。

Medical FEV_1341AFMは、1960年代にエクスツルードホーンが特許を取得した表面仕上げソリューションです。これは、チューブを介して研磨材を充填したのシリコン系粘弾性非ニュートン性流体を強制することを含みます。 温度、圧力、メディア(研磨材)の粘度及び研磨材のサイズ – 5μmと4mmの間 – は、研磨される管の直径に基づいて選択されます。 内径1mm以下のチューブはより多くのメディアを必要とし、より大きなチューブは硬めのメディアを必要とします。

テストサンプルの移動速度に悪影響を与える可能性のある表面粗さを除去するようチューブ内に研磨材(通常は炭化ケイ素)を流すことで、内側表面を研磨します。 AFM加工で仕上げた内面は、元の表面粗さにもよりますが、2〜4倍改善されます。

その結果、従来の製造工程で適応しない高品質でより均一なHPLC管に仕上がるのです。

AFMプロセスを通して、あなたの現在のHPLCチューブを加工すると、クロマトグラフィーの結果は改善します。しかし、それはまだチューブの完成品を製造するには時間のかかる第2段階です。エクスツルードホーンはあなたにその手間を省きたいと考えています。

エクスツルードホーンは、所望の長さ(直径に応じて最大1メートルのまで)に切断したチューブに、コネクタおよびフィルターを備えて、完全なソリューションを提供することができます。このソリューションでは、あなたは1つのサプライヤーのみ取引し、ラボで手動で必要なフィットコネクターを削除し、研究者や科学者がもっと重要な事により多くの時間をかけられるようになります。すべてはあなたのクロマトグラフィー分析の精度を向上させつつ提供します。

AFMの柔軟性とスピードを使用すると、ほぼどのサイズのチューブを購入しても、その恩恵を享受できることを意味します。もはやあなたは特定のチューブを大量に購入し、品質を犠牲にすることはありませんし、在庫を減らすこともできます。エクスツルードホーンは必要に応じてチューブを供給する年間契約を提供しています。

AFMの技術は、クロマトグラフィー市場に大きな柔軟性と、標準的な技術ではマッチすることができない、より一貫性のある正確なクロマトグラフィー分析及び良好な分離につながる内面品質を提供しています。 AFMの技術に関しては、エクスツルードホーンの営業担当者にご相談ください。

Bruno

About Bruno