「インドで生産」運動で新しい未来を約束します。

政治家、起業家、投資家、業界リーダーの複合パワー、先見性、そして専門知識で描写された「インドで生産」の動きは、世界最大の民主主義を製造及びデザインのハブへ変え、新たな成長と国際的な投資を過熱させ、インドの能力への信頼を鼓舞しています。

21世紀の初めに、インドは新興市場として大きな期待を示していましたが、2013年までにその成長率は過去10年間で最低に落ち込んでいました。問題の部分を認識することは、政府のボトルネックでした。Nerendra Modi首相は、企業が繁栄するより多くのスペースを確保するために、政府の政策や手続きの見直しに着手しました。 究極の目標は、「最小政府、最大ガバナンス」 という考え方でした。

「インドで生産」運動の結果、その究極の目的である2020年までにインドの製造業の貢献度をGDPの25%までに上昇させるための大規模な行動計画を立てるため、世界各国から公務員や業界リーダーを集めました。そし鉄道、防衛、保険、医療機器に対する非常に高い外資を呼び込みました。これらの目標を現実のものにするために、時代遅れの、閉塞性組織構造は解体し、投資を呼び込み、技術革新を推進し、スキルを開発し、知的財産を保護し、より効果的な製造インフラを構築することを盛り込んだ、より透明システムに置き換えられています。

この目的を促進するために、産業政策推進局(DIPP)は、企業や興味のある投資家のためのリソースの数を確立しました。それは、専用のヘルプデスク、モバイル用ウェブサイト、政府や専業政策や取り組み、主要な事実と数字、部門固有の連絡先情報などが記載されている2ダース以上の部門のパンフレットを含んでいます。 これらのリソースは一昔前ならもっともらしいことでしたが、現在ではインドの企業家にそのビジネスをより大きな高さに導くための力を与えるでしょう。

この新しい展望、活気に満ちた業界、および持続的な官民パートナーシップでは、「インドで生産」は新しいインドに向けての最初の大きな一歩になるかもしれません。製造及びデザイン産業は成長し、国や地域経済は伸び、インドは現在そうした世界の経済の中にいます。この変革のおかげで、国内外の新規投資はインドに商業と革新の新たなハブに変換することができます。

Make-In-Indiaエクスツルードホーンは「インドで生産」運動の一端を担うことを誇りに思っております。高品質部品の加工及び仕上げに対する先導的技術の創造者として、私共は、インドの自動車、航空、バイオテクノロジー及びエネルギー産業に引き続き参加し、お客様の成長を規模や収益のみならず、品質の面からもサポートしていく所存です。

尚、エクスツルードホーンは最近までインドにあるドイツの企業に対し、バンガロールのテクニカルセンター内のECM(電解加工)機でその利点をデモし、サポートしていました。弊社のエンジニアは現地で治具を設計し、大量生産部品の前段階としてテストを行いました。生産用治具も現地で設計、製造する予定です。

エクスツルードホーンでは、「インドで生産」の夢が現実になることを支援する準備ができております。

Bruno

About Bruno